/

高井保弘氏が死去 元プロ野球阪急内野手

高井 保弘氏(たかい・やすひろ=元プロ野球阪急内野手)12月13日、腎不全のため死去、74歳。告別式は12月15日午後0時半から兵庫県西宮市高畑町2の25のエテルノ西宮。喪主は妻、安枝さん。

1964年に阪急に入団。代打本塁打27本のプロ野球記録を持つ。77年は指名打者でベストナインに輝いた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン