長野県内の景況感、ほぼ横ばい 日銀12月短観

2019/12/13 19:18
保存
共有
印刷
その他

日銀松本支店が13日発表した12月の長野県内の企業短期経済観測調査(短観)は、景況感を示す業況判断指数(DI)が全産業で9月の前回調査より1ポイント上昇のマイナス7とほぼ横ばいとなった。10月の消費増税や台風19号の影響が一部に出ているものの、生産は依然として高水準で個人消費も底堅い。DIは3四半期連続のマイナス圏だが、同支店は「県経済は緩やかに拡大している」と景気判断を据え置いた。

業況判断D…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]