JA松本ハイランド、長野産・機能性表示食品のリンゴ販売

信越
2019/12/13 19:16
保存
共有
印刷
その他

松本ハイランド農業協同組合(長野県松本市)は13日、リンゴの「ふじ」を機能性表示食品として販売すると発表した。リンゴに含まれる「プロシアニジン」に内臓脂肪を減らす機能があるとの報告を元に消費者庁に届出し、機能性表示食品として受理された。まず三重県と宮崎県で販売する。

機能性表示食品として販売されるリンゴ

機能性表示食品としての商品名は「ゆめピーりんご」。12月上旬に出荷しており、三重県四日市市のスーパーや宮崎県の生協を通じて販売する。松本市内では来シーズンから本格販売するという。

リンゴの成分「プロシアニジン」を1日当たり110ミリグラム摂取すると、内臓脂肪を減らすことができるという研究報告がある。「ゆめピーりんご」を1個食べると、この量の半分を摂取できるという。

長野県内で機能性表示食品として販売されるリンゴは初めて。松本市は健康をテーマに地元農産物のブランド化に取り組んでおり、農協を支援している。今回のリンゴについても健康志向の消費者らにPRしていく考えだ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]