北海道の空港民営化で3600億円 みずほ・三井住友など

金融最前線
北海道
2019/12/13 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

みずほ銀行と三井住友銀行は、2020年から一括民営化を始める北海道内7空港を運営する企業連合への3600億円強の協調融資をまとめた。計46の金融機関が参加し、インフラなどを対象とした事業融資(プロジェクトファイナンス)では国内で最大級となる。国と地方が管理する複数の空港を束ねて民営化するのは初めてで、銀行団も資金面から支援する。

国が管理する新千歳、稚内、釧路、函館と地方自治体が管理する旭川、帯…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]