長距離フライト復活相次ぐ新千歳、17年ぶり欧州直行便

インバウンド
2019/12/16 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

欧州、オーストラリアと新千歳空港(北海道千歳市)を結ぶ直行便が相次いで復活した。オーストラリア線は12年ぶり、欧州線は17年ぶりの就航だ。長年の課題だったインバウンド(訪日客)の東アジア依存からの脱却だけでなく、その逆のアウトバウンド(出国者)需要の掘り起こしに本腰を入れる分岐点ともなりそうだ。

フィンランド航空(フィンエアー)のヘルシンキ線は15日、カンタス航空のシドニー線は16日から運航を始…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]