「ロボット王国」日本の未来は ガラパゴス化防げ
論説委員長 原田 亮介

核心
2019/12/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

人手不足の常態化でロボットへの期待が高まっている。「3K(きつい・汚い・危険)」といわれる職場環境の解消や、中小企業の工場などの生産性向上に役立つからだ。それには人の「触感」に代わる技術などの開発が欠かせず、生産システムを担うデジタル人材の確保も重要な課題だ。

福岡県北九州市の安川電機本社の歴史館に、1977年にできた日本初の全電気式産業用ロボットがある。「モートマン」の名は今も同社のロボットに…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]