/

航空機から燃料漏れ 関空、滑走路一時閉鎖

13日午後3時50分ごろ、関西国際空港で離陸のため誘導路を走行していた関西発セブ行きフィリピン航空409便エアバスA321から燃料が漏れ、その場で停止した。乗客乗員88人にけがはなかった。

国土交通省関西空港事務所は、二つある滑走路のうち機体が向かっていたA滑走路を約1時間閉鎖した。同事務所によると、この便が欠航となったほか、発着の17便に最大約1時間10分の遅れが生じた。〔共同〕

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン