自家製おみくじ 作家 嵐山光三郎

エッセー
2020/1/11 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

晩年の永井荷風は、浅草観音様のおみくじ「大吉」を4つに折って肌身はなさず持っていた。浅草寺のおみくじはなかなか大吉が出ないから、大吉が出るまで何度もひいた。運やつきを強引にひきつける執念が荷風流で、私もそれにならっている。

大吉から大凶までの託宣を読みくらべてみた。願事(ねがいごと)の大吉は「叶(かな)う」、中吉は「目上に相談すべし」、小吉は「他人の助けありて早く叶う」、末吉は「努力なしには叶わ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]