ジョンソン首相、離脱後に難題 EUとの新FTA焦点
20年末までの妥結は不透明

英EU離脱
2019/12/13 17:12
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【ロンドン=中島裕介】12日の英国の総選挙は、ジョンソン首相率いる保守党が大勝し、2020年1月末までに英国が欧州連合(EU)を離脱することがほぼ確実になった。経済に混乱を及ぼす「合意なき離脱」のリスクは一旦消え、20年12月末までは完全離脱の準備をするための「移行期間」に入る。ただこの期間内に英・EUが新たな協定を結べなければ合意なき離脱と同じ状況に陥る可能性は残っており、経済界の心配の種は消…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]