囲碁の若鯉戦 平田七段が初優勝(盤外雑記)

囲碁・将棋
2019/12/17 2:00
保存
共有
印刷
その他

優勝した平田七段

優勝した平田七段

囲碁の第14回広島アルミ杯若鯉戦の決勝が広島市で打たれ、平田智也七段が六浦雄太七段を破って優勝した。平田七段は地元広島出身で、公式戦優勝は初めて。この棋戦は、30歳以下で七段以下の棋士が早碁のトーナメントで争った。

将棋の第27期倉敷藤花戦三番勝負は、里見香奈倉敷藤花が挑戦者の伊藤沙恵女流三段を2勝1敗で破り、タイトルを防衛した。里見倉敷藤花は5連覇で10期目の獲得。伊藤女流三段は7度目のタイトル挑戦も、あと一歩届かず涙をのんだ。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]