やりたい仕事、諦めず ウーマン・オブ・ザ・イヤー
小巻亜矢さん 長嶋愛さん

2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

組織の中で自分のやりたい仕事を続けることは意外に難しい。女性誌「日経ウーマン」(日経BP)が選ぶ「ウーマン・オブ・ザ・イヤー2020」の受賞者2人は、仕事を通じて本当にやりたいことを見いだし、努力を重ねている。

「自分にやるべき仕事があるのか、不安より前に葛藤があった」。サンリオエンターテイメントの小巻亜矢社長は23年前、37歳で離婚した時のことをこう振り返る。サンリオを結婚退職してから11年間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]