ラグビータウン埼玉・熊谷、「熱狂」の維持模索
潜望展望

ラグビーW杯
関東
2019/12/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本中を熱狂の渦に巻き込んだラグビーワールドカップ(W杯)。予選リーグ3試合の会場となった埼玉県熊谷市は閉幕後の今、一転して静けさが漂っている。2020年末~21年に予定するラグビー・トップリーグ、パナソニックワイルドナイツの移転を前に、ラグビーをどうまちの活性化につなげるか、官民の試行錯誤が続いている。

熊谷市は約30年前から「ラグビータウン」を名乗るほど、ラグビーが盛ん。強豪校、熊谷工業高校…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]