「この世界の片隅に」2019年版 考証重ねよりリアルに

カバーストーリー
2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

映画「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」が20日公開される。2016年版で省いたエピソードを加え、考証を重ねてリアルな細部をさらにリアルに描き直した。片渕須直監督に聞いた。

19年版では、こうの史代の原作にあった呉の遊郭の女、白木リンを巡るエピソードが加わる。主人公すずの悩みはより深まる。

「『この世界の片隅に』(16年)は約2時間の映画にまとめるために、リンの話を省いた。すずを戦争の時代の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]