過疎地への配送は道険し 貨客混載のバスが頼み
宅配危機を越えて(5)

宅配クライシス
ルポ迫真
2019/12/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

秋田県由利本荘市の羽後交通本荘営業所。10月下旬、1台のバスが到着するや否や、待ち構えていた日本郵便のドライバーが車内へと乗り込み、鍵付きボックスに入った「ゆうパック」や郵便物を横付けした配送車へと手際よく積み替えた。

羽後交通がJR象潟駅(にかほ市)と由利本荘市を結ぶバス路線「本荘・象潟線」(32キロ)で、貨客混載の本格運行を始めたのは今年2月。秋田県では小売店舗の撤退や公共交通機関の縮小を背…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]