失業給付、受給資格期間延ばす 病気・育児なら4年

2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

会社を退職し、次の仕事を探している間に受け取れる失業給付(基本手当)。雇用保険の加入期間や退職理由によって受給日数が決まっている。受給資格があるのは退職日の翌日から原則1年以内だが、病気や出産などによってすぐに職探しができなければ延長を申請できる。仕組みを見てみよう。

【関連記事】収入多いと受給額減る 在職年金「繰り下げ」も効果薄

■受給資格期間は原則1年

失業給付を受け取れる条件は2つある。原則、…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]