信号ない横断歩道で停車する割合 「教育県」長野が断トツ
データで見る地域

2019/12/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

信号がない横断歩道では停車して、歩行者を優先させるのが交通ルールの常識。だが、日本自動車連盟(JAF)の2019年の調査で「停車する」と回答した運転者は全国平均17.1%にとどまる。都道府県別でみると、最も高いのは長野県の68.6%。最低は三重の3.4%だった。

JAFは16年から毎年調査しているが、長野県が常に突出して割合が高い。19年の調査で停車する割合が5割を超えたのは長野と静岡の2県だけ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]