/

この記事は会員限定です

[FT]英国、EU離脱が実現しても未来は不確実に

[有料会員限定]

英国の総選挙について、皆さんは良い知らせと悪い知らせのどちらを聞きたいだろうか。良い知らせは、保守党が単独過半数を確保する見通しとなったことで、3年間にわたる政治の麻痺(まひ)が終わることだ。英国の欧州連合(EU)離脱への道筋は、良きにつけあしきにつけ開けた。英国は強硬な社会主義には背を向け、過半数を得た政党がいる議会をやっと持つことになる。選挙結果はジョンソン英首相個人にとっても大勝利だ。

保守党、サッチャー政権以来の大勝利

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2577文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ロバート・シュリムズリー

Robert Shrimsley 英政治について毎週火曜日と週末に出るFT weekend magazineに論評を執筆。以前は、英政治担当の筆頭記者、ニュース担当デスク、FT電子版編集長を務めていた。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン