/

フィリピン北部の刃物巻き方に酷似 世田谷一家殺害

東京都世田谷区の住宅で2000年12月、宮沢みきおさん(当時44)の一家4人が殺害された事件で、警視庁成城署捜査本部は13日、現場で見つかった包丁の柄をくるんでいたとみられるハンカチについて、フィリピンで同様の使い方をしているとの情報が複数寄せられたと明らかにした。フィリピン北部のイロコス地方などで、軍人やギャングが刃物の包み方として用い、動物を殺す際や儀式に使う場合もあるという。

捜査本部は国際刑事警察機構(ICPO)を通じ、フィリピン当局に対し情報提供を求めるとともに、現地への捜査員派遣も検討している。

捜査本部によると、黒色のハンカチ(45センチ四方)は台所で、凶器の包丁の近くで発見された。中央に幅約3センチの穴が開き、ハンカチの一部が穴に通され袋状になっていた。袋の部分に包丁の柄を入れ、滑り止めなどの目的で使ったとみられる。

事件は00年12月31日午前に発覚。世田谷区上祖師谷3の自宅で、宮沢さんと妻の泰子さん(当時41)、長女のにいなちゃん(同8)、長男の礼ちゃん(同6)が刃物などで殺害されているのが見つかった。

警視庁捜査1課の渡会幸治課長は「どんなささいな情報でも連絡してほしい」と呼び掛けた。情報提供は成城署捜査本部電話03・3482・3829まで。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン