/

この記事は会員限定です

米国の大学、教室全体で議論促す 双方向のやり取り重視

米テンプル大トップに聞く

[有料会員限定]

初の米国大学日本校として1982年に開校したテンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)が昭和女子大(東京・世田谷)の敷地内に校舎を移した。来日したテンプル大学(TU、ペンシルベニア州フィラデルフィア)首脳に米国の高等教育について話を聞いた。

――他の米国大学が撤退した中でTUJが30年以上も継続できた理由は何ですか?

リチャード・イングラート総長 理由はいくつかあるが、長期的・恒久的な戦略に立ち、経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2340文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン