/

この記事は会員限定です

IT買収でデータ活用素早く 19年国内M&Aの3割超

[有料会員限定]

日本国内のM&A(合併・買収)市場で、2019年には売り手の3社に1社がIT(情報技術)企業となった。経済・サービスのデジタル化は加速しており、あらゆる業種でビッグデータ活用が企業の競争力を左右する。世界でも件数・金額ともに最高になった。

目立つのはITを本業としない異業種によるIT企業のM&A。自社に備わっていない技術を育成するよりも、M&Aであれば環境変化に伴う必要な資源を素早く手に入れること...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り976文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン