首相、インド訪問を延期へ 治安悪化を懸念

2019/12/13 14:00
保存
共有
印刷
その他

安倍晋三首相は15日から予定していたインド訪問を取りやめる調整に入った。15~17日までインドを訪問し、モディ首相と会談する予定だった。訪問先の治安悪化が中止の理由とみられる。政府関係者が13日、明らかにした。

首脳会談は首都ニューデリーではなく、中国との国境に近い北東部グワハティで予定していたが、同地の治安が悪化していた。菅義偉官房長官は13日の記者会見で「訪問に際しては現地情勢を見極める必要がある」と述べた。

首相は訪印時に自衛隊とインド軍が物資や役務を融通し合う物品役務相互提供協定(ACSA)の大筋合意を目指していた。経済面でも16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)交渉に残るよう呼びかける方針だった。

首相とモディ首相は毎年、相互訪問して会談している。昨年のモディ氏の来日では安倍首相が山梨県にある自らの別荘に招いた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]