早碁オープン日中決戦 張栩九段が優勝(盤外雑記)

囲碁・将棋
2019/12/31 2:00
保存
共有
印刷
その他

張栩九段

張栩九段

囲碁の第21期早碁オープン戦の日中決戦が中国広州市で打たれ、日本代表の張栩九段が中国の范廷●(かねへんに玉)九段を破って優勝した。日本勢の優勝は4年ぶり6回目。第26期全日本早碁オープン戦を制して日中決戦に出場していた。

日本棋院で囲碁殿堂表彰委員会が開かれた。鋭い棋風で「カミソリ坂田」とよばれ、囲碁界で初めて文化功労者となった坂田栄男二十三世本因坊と、韓国棋院設立の功労者で日韓の橋渡し役ともなった趙南哲氏が殿堂入りした。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]