/

柴田駿氏が死去 フランス映画社創業者

柴田 駿氏(しばた・はやお=フランス映画社創業者)12月11日、慢性閉塞性肺疾患のため死去、78歳。

大島渚作品の海外セールスを手がけた後、1970年代後半からジャン=リュック・ゴダールら世界の名匠の作品を日本で配給。80~90年代のミニシアター文化を先導した。90年にカンヌ国際映画祭の審査員を務めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン