夢の物質、歴史に翻弄 「冷媒」探しが過熱

2019/12/13 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エアコンや冷凍冷蔵庫で温度を下げる「冷媒」の利用が危ぶまれている。主に使う「代替フロン」は地球温暖化を招く作用が二酸化炭素(CO2)よりもはるかに強い。上空のオゾン層を壊すフロンに代わる救世主のはずだったが、再び目の敵にされている。冷媒は今の生活になくてはならない。「代替」のさらに次を探す動きが熱を帯びてきた。

フロンは1930年ごろに米国の研究者が発明し、その後、歴史に翻弄されてきた。かつて燃…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]