/

この記事は会員限定です

[FT]米当局、危険承知でボーイング事故機の運航継続

[有料会員限定]
Financial Times

米航空規制当局は、自身の分析でボーイング社製の小型機「737MAX」が他の飛行機よりも事故を起こしやすいことを知りながら、同機の運航停止措置を取らなかった。

11日に米下院の運輸・インフラ委員会が開いた公聴会で、2度の墜落事故を起こした737MAXについて、米連邦航空局(FAA)が1度目の墜落後に行った委託調査が示され、同機が一般に考えられるより墜落事故を起こす可能性が高いことが示された。

「2、3年ごとに事故の可能性」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3105文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン