ソフトバンクG出資の中国企業、米IPOを大幅縮小

2019/12/13 2:54
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=高橋そら】中国平安保険傘下のフィンテック企業、ワンコネクト・ファイナンシャル・テクノロジーは11日、米株式市場での新規株式公開(IPO)時の公募・売り出し価格(公開価格)を引き下げると明らかにした。米メディアが伝えた。従来の1株12~14ドルから同9~10ドルに下げる。同社に出資するソフトバンクグループ(SBG)傘下の「ビジョン・ファンド」にも逆風となりそうだ。

ワンコネクトは中国平安保険傘下のフィンテック大手=ロイター

ブルームバーグ通信によると、ワンコネクトの資金調達予定額は最大2億6000万ドル(約280億円)規模となる。これまでは最大5億400万ドルを想定していたが、ほぼ半減する。

ワンコネクトは週内にもニューヨーク証券取引所への上場を計画している。想定時価総額は最大36億4000万ドル。2018年にビジョン・ファンドなどから7億5000万ドルを調達した際の時価総額(75億ドル)を大きく下回っている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]