スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

平野、涙止まらず 卓球女子の五輪シングルス代表逃す

Tokyo2020
2019/12/13 0:03
保存
共有
印刷
その他

直前に石川が敗れ、選考レースの趨勢を握ることになった平野。勝てば悲願の五輪シングルス出場、負ければその権利は石川へ。「向かっていくだけ。思い切っていこう」。邪念を払いのけるように平野は右腕を振ったが、自らの力で道を切り開くことはできなかった。

【関連記事】
石川、敗退も五輪確実に 卓球グランドファイナル開幕
卓球女子の石川、敗戦も五輪切符 最終盤で迷い断つ

平野は中国選手に敗れ、東京五輪のシングルス代表の座を逃した=共同

平野は中国選手に敗れ、東京五輪のシングルス代表の座を逃した=共同

相手の王は世界ランキング18位ながら、今年は伊藤美誠(スターツ)にストレート勝ちするなどした成長株。ドライブの打ち合いで競り負け、5-0でリードした第2ゲームも逆転で落とした。1-4で完敗。「すごくシングルスに行きたかったので悔しい。チャンスはあったのに……」。試合直後は気丈に振る舞ったが、取材陣の前に立つと抑えていた涙がとめどなくあふれた。

2016年リオデジャネイロ五輪に落選。攻撃型に転換して翌年に中国トップ選手を相次いで破ったが、18年には「卓球をやめたい」とスランプにも陥った。「五輪があったから頑張れた」という19年は世界中を転戦し、国際大会で約60試合も戦った。ただ、重圧もあって思い切りの良いプレーは鳴りを潜め、大事な10月以降にポイントをほとんど上積みできず。最終盤で石川に逆転を許す遠因となった。

日本協会の推薦枠で五輪の団体戦メンバーに入る可能性は十分にある。19歳は真っ赤に腫らした目で「選んでもらったら頑張りたい」と話すのがやっとだった。(鱸正人)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
女子ダブルス決勝で芝田、大藤組に勝利した伊藤(手前)、早田組

 互いに1球ずつ打ち合う卓球のダブルスは、どちらかが穴になっては勝てない。2年続けて同じ顔合わせとなった女子の決勝。約9カ月ぶりに組んだ伊藤と早田はブランクを感じさせない連係の中に、互いの実力の上積み …続き (1/18)

後半、ボールを奪い突進するパナソニック・福岡。このままトライ=共同共同

 日本代表の「フェラーリ」ことパナソニックのWTB福岡は、この日で今季のTLを店じまい。7人制に転じ、東京五輪を目指す。栄えある“最終走行”だったが、トラブルが多発。快足を飛ばしている最中、珍しくボー …続き (1/18)

福岡堅樹=共同共同

 日本ラグビー協会は17日、ワールドカップ(W杯)日本大会の日本代表で活躍した福岡堅樹(パナソニック)が24日から7人制代表候補の活動に合流すると発表した。当面は練習生として加わり、東京五輪出場を目指 …続き (1/17)

ハイライト・スポーツ

[PR]