スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

卓球女子の石川、敗戦も五輪切符 最終盤で迷い断つ

Tokyo2020
2019/12/12 23:52
保存
共有
印刷
その他

【鄭州(中国)=鱸正人】卓球のワールドツアー上位選手で争うグランドファイナルは12日、中国の鄭州で開幕し、シングルスの女子1回戦で東京五輪シングルス代表の残り1枠を争う石川佳純(全農)と平野美宇(日本生命)はいずれも敗れ、世界ランキングのポイントでリードする石川が代表入りを確実にした。

【関連記事】平野、涙止まらず 卓球女子の五輪シングルス代表逃す

卓球グランドファイナルの女子シングルス1回戦でプレーする石川佳純。東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りを確実にした=共同

卓球グランドファイナルの女子シングルス1回戦でプレーする石川佳純。東京五輪代表の選考基準を満たし、シングルス代表入りを確実にした=共同

石川は今年の世界選手権覇者の劉詩●(あめかんむりに文)(中国)に0-4で、平野は世界ランキング18位の王芸迪(中国)に1-4で敗れた。

今年の世界選手権を制した劉にはこれまで11戦全敗。「泣いても笑っても最後。後悔のないように攻めきろう」と臨んだ石川だったが、サーブレシーブに苦しみ、要所であと1本が入らない。

3ゲームを続けて落とし、第4ゲームも7-2から逆転負け。「やっと終わったのと、力不足と……」。試合後に涙を流しながら、様々な思いが去来したに違いない。

「勝てればよかったが、自分のやることは終わった」と話した後、2枠目を争う平野も敗れたことで五輪シングルス代表が確実に。過去2回、五輪シングルス代表を勝ち取った26歳にも、東京への道のりの険しさは想像以上だった。

五輪までの最初の2年で世界ランキングを上げ、上位シードで勝負の年に挑む――。そんな長期計画のもと今年1月の世界ランクは日本勢トップの3位。ただ、中国がここ数年で多くの選手を国際大会に派遣したことで計算が大きく狂った。

ドライブ主体の正攻法スタイル。パワーで上回る中国勢には分が悪く、今や世界2位となった19歳の孫穎莎に半年で4度敗れるなどポイントを伸ばせない。「強い選手はミスしないのにミス待ちになったり、簡単なミスにこだわったり」。打開策がなく3番手からはい上がれなかった。

見かねた周囲から気持ちの切り替えを促されたのは10月ごろ。「『思い切って。リラックス』と言われたのは20年の卓球人生で初めて」。以前は聞き流していた両親やコーチの言葉がようやくストンと落ち、迷いも吹っ切れたという。

復調の手応えをつかみ「今年一番調子が良かった」という状態で臨んだ今月上旬のカナダでの国際大会。積極的な攻めで中国選手2人を破り、決勝では鬼気迫るプレーで平野を下した。最後の最後に積み上げた貯金でついに逆転。第一人者の面目躍如を果たした。

「今までで一番ハードだった」という選考レースは確かな血肉となったはず。「さらにレベルアップして五輪で最高のプレーを見せたい」。この経験は8カ月後、3度目の大舞台で必ず生きるに違いない。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
ノーマンは男子400メートルで昨季の世界最高記録をマーク、東京五輪「金」だけを見据える

 日本にルーツがある次代のホープが、陸上競技大国の米国にいる。カリフォルニア州出身で日本人の母を持つマイケル・ノーマン(22)。男子400メートルで2019年シーズンの世界最高となる43秒45をマーク …続き (1/17)

バドミントン女子ダブルス日本代表の福島(左)と広田の「フクヒロ」ペア


 全ての五輪競技を通じても屈指の代表争いといえるのが、強豪ペアひしめくバドミントン女子ダブルスの2枠を巡る戦いだ。そんな厳しい選考レースで、福島由紀と広田彩花(ともにアメリカンベイプ岐阜)の「フクヒロ …続き (1/16)

後半、先制ゴールを決める小川=共同共同

 ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の介入によるMF田中碧の退場は、犯した罪に対して罰が重すぎた。
【サッカーU23日本、カタールと引き分け アジア選手権】

 前半終了間際。ボールを死守しようと伸 …続き (1/16)

ハイライト・スポーツ

[PR]