「データの活用に注意を」日経本社でイベント
「Tech Scroll Asia」日本語版創刊

アジアBiz
2019/12/12 21:43
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社と英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は12日、アジアのテクノロジー業界を読み解くニューズレター「Tech Scroll Asia」日本語版の創刊記念イベントを東京・大手町の日経本社で開いた。

パネル討論に登壇したジェイソン・タン氏(右)とジェフリー・プレンティス氏(12日、東京都千代田区)

パネル討論では金融とIT(情報技術)を融合したフィンテックなどをテーマに議論した。投資ファンドとして知られるジェネレーション・キャピタル(香港)のジェイソン・タン最高投資責任者は、ビッグデータの不正利用の懸念について「データの活用方法には善と悪の両面がある」と述べ、企業はデータの扱い方に十分注意する必要があると訴えた。

フィンテックのスタートアップ、オリエンテ・ホールディングス(香港)の共同創業者であるジェフリー・プレンティス氏は「データを集めることで消費者の特性を理解できる。その上で顧客を集める仕組み作りが重要になる」と強調した。

タン氏は激化する米中貿易戦争についても触れ「トランプ米大統領の再選が不透明なため、中国政府は経済の刺激策を打ち出せない状態にある」と指摘。輸出が低迷するなか「中国(政府)は半導体や人工知能(AI)などの分野で投資を拡大していくだろう」と話した。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]