ブラジル、4会合連続利下げ 大統領が圧力 強まる通貨安懸念

2019/12/12 21:19
保存
共有
印刷
その他

【サンパウロ=外山尚之】ブラジル中央銀行は11日、4会合連続で政策金利を0.5%引き下げ、過去最低の年4.5%とした。通貨レアルは安値圏にあるが、景気刺激や利払い負担削減を狙うボルソナロ大統領の圧力に中銀が応じた。ブラジル経済は消費主導で緩やかな回復傾向にあり、足元で物価上昇の気配も出ている。米連邦準備理事会(FRB)は金融緩和を休止しており、通貨が不安定な新興国の追加利下げはリスクも伴う。

ボ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]