栃木・大田原マラソン休止 増え続ける大会に一石

2019/12/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

栃木県大田原市が県内で国体が実施される2022年まで「大田原マラソン」の開催を見合わせる。市は休止中に制限時間や開催時期を見直した上で再開する考えだ。ただ、東京マラソンを契機に各地で急増したマラソンは過当競争になりつつある。30年以上の歴史を持つ大田原マラソンの休止を「地方大会の淘汰の予兆だ」と不安視する陸上関係者もいる。

「日本でも有数の良質なガチ大会なので寂しい」「とても良い大会なので是非再…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]