/

この記事は会員限定です

ヤマダの「情」、大塚の「家紋」の呪縛を解放するか

編集委員 田中陽

[有料会員限定]

"漂流"しかけていた経営再建中の大塚家具を曳航(えいこう)するのは家電量販最大手のヤマダ電機だった。大塚家具は12日、ヤマダ電機を引受先とする約44億円の第三者割当増資などを実施して、ヤマダの子会社になると発表した。大塚家具はここ数年、異業種からの支援の手が幾つも差し伸べられていたが決め手を欠き、業績不振から脱却することができなかった。2015年、大塚久美子氏(現社長)は創業者で父親の勝久氏と経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1389文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン