/

この記事は会員限定です

新興株二極化が映す気迷い 急変警戒、安定を重視

証券部 佐藤亜美

[有料会員限定]

新興株式市場の二極化が鮮明になっている。日経ジャスダック平均株価が上昇軌道に乗っているのと対照的に、東証マザーズ指数は低迷が続く。背景にあるのは投資家の気迷いと安全志向だ。出遅れた新興株を選別するなかで、株価のブレが小さい「手堅い銘柄」に資金が集中している。成長株が多いマザーズ市場にマネーが戻るかは、年末に向けた日本株全体の底上げを占う試金石になる。

「今週はもう動きようがない」。マッコーリーキャ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り983文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン