/

新会員に梶田氏ら7人 日本学士院

日本学士院は12日、素粒子ニュートリノの研究で2015年にノーベル物理学賞を受賞した東大宇宙線研究所長の梶田隆章教授(60)ら7人を新会員に選んだ。

人文科学部門は、刑事訴訟法の井上正仁・東大名誉教授(70)。

梶田氏以外の自然科学部門は、錯体化学の北川進・京大特別教授(68)、半導体電子工学の榊裕之・東大名誉教授(75)、免疫遺伝学の笹月健彦・九州大特別主幹教授(79)、泌尿器科学の垣添忠生・日本対がん協会会長(78)、構造生理学の藤吉好則・東京医科歯科大特別栄誉教授(71)。

学士院の会員は、学術で顕著な功績を上げた科学者から選ばれる特別職の国家公務員(非常勤)。任期は終身で年間250万円の年金を受け取る。会員は計134人となった。

日本学士院の新会員と業績は次の通り。

【第1部=人文科学】

井上正仁(いのうえ・まさひと)東大名誉教授。70歳。刑事裁判における違法収集証拠の排除や、捜査における強制・任意処分に関する理論を構築した。

【第2部=自然科学】

北川進(きたがわ・すすむ)京大特別教授。68歳。気体の貯蔵や輸送を可能にする、微細な穴を持つ材料を開発した。

梶田隆章(かじた・たかあき)東大宇宙線研究所長。60歳。素粒子ニュートリノに質量があることを証明した。

榊裕之(さかき・ひろゆき)東大名誉教授。75歳。電子や光の動きを制御する研究を先導し、通信技術の発展に貢献した。

笹月健彦(ささづき・たけひこ)九州大特別主幹教授。79歳。免疫機構における白血球の役割を解明し、感染症などの病気の克服に道を開いた。

垣添忠生(かきぞえ・ただお)日本対がん協会会長。78歳。泌尿器科医として、ぼうこうがんの基礎研究のほか、摘出患者の生活の質を向上する手術法を開発した。

藤吉好則(ふじよし・よしのり)東京医科歯科大特別栄誉教授。71歳。細胞などの試料を壊すことなく観察できる電子顕微鏡を開発し、生命現象の機構解明に貢献した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません