/

この記事は会員限定です

[社説]税制改革で投資は動くのか

[有料会員限定]

自民、公明両党が2020年度の与党税制改正大綱を決めた。大企業のベンチャー投資や次世代通信規格「5G」投資への支援税制を盛り込んだ。技術革新を支援する姿勢は評価できるが、少子・高齢化や財政健全化など中長期の課題には踏み込まなかった。

9月に就任した甘利明・自民党税制調査会長は、成長を促す税制改革を打ち出した。企業が巨額の現預金を抱え込んでいることを問題視し、技術革新への投資を支援する減税措置を盛り...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り585文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン