/

この記事は会員限定です

[社説]様子見に転じたFRBの判断は妥当だ

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)が現行年1.50~1.75%の政策金利を据え置いた。景気後退の懸念がひとまず遠のいたと判断し、利下げを見送ったのは妥当だ。

当面は利下げを休止し、様子見を続ける公算が大きい。FRBは政治の圧力に屈せず、米経済の動向を慎重に見極めながら、適切な政策運営に努めてほしい。

FRBは7月に10年半ぶりの利下げに踏み切り、3会合連続で政策金利を0.25%ずつ引き下げてきた。貿易戦争...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り742文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン