福岡の母子3人殺害、裁判員どう判断 13日地裁判決

2019/12/12 18:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2017年6月、福岡県小郡市で母子3人が殺害された事件で、殺人罪に問われた元県警巡査部長の中田充被告(41)への判決が13日、福岡地裁で言い渡される。直接証拠はなく、公判では間接証拠を積み上げて死刑を求刑した検察側と、一貫して無罪を訴えた弁護側の主張が真っ向から対立した。裁判員がどのような結論を導くのかが注目される。

事件は17年6月6日朝、中田被告の自宅で、妻の由紀子さん(当時38)と長男の涼…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]