スウェーデン中銀、なぜマイナス金利からの脱却急ぐ?
90秒でみる今週の海外ニュース

高橋 香織
編集委員
2019/12/14 23:00
保存
共有
印刷
その他

今週の海外ニュースの注目点を日経国際部の高橋香織デスクが解説します。

スウェーデン中央銀行は12月19日に開く金融政策会合で、政策金利を現在のマイナス0.25%からゼロ%に引き上げる見通しです。スウェーデンは2009年、民間銀行が中央銀行に預けるお金の一部にマイナス金利を適用しており、いわばマイナス金利の先駆者です。欧州中央銀行(ECB)や日銀、米連邦準備理事会(FRB)が金融緩和的な姿勢を続ける中、なぜスウェーデンはマイナス金利からの脱却を急ぐのでしょうか。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]