仁左衛門、絶品の緩急(歌舞伎評)
南座「吉例顔見世興行」

2019/12/13 7:00
保存
共有
印刷
その他

中村鴈治郎(左から3人目)が敵役松永大膳の風格を体現した「金閣寺」

中村鴈治郎(左から3人目)が敵役松永大膳の風格を体現した「金閣寺」

12月の京都南座は顔見世。ベテランの至芸、中堅の充実、花形の清新が揃(そろ)って見応えがある。

丸本時代物が並ぶ昼の部が重厚だ。「輝虎配膳」。越路に片岡秀太郎。武家の老女としての矜持(きょうじ)を描きながらも、最後は申し訳なさの本心を示して盤石。

「戻駕(かご)色相肩」は梅丸改め中村莟玉(かんぎょく)の襲名披露。

「金閣寺」は中村鴈治郎の大膳が国崩しの敵役らしい風格を漂わせ、中村扇雀の東吉は知将らしい分別を滲(にじ)ませて好対照。雪姫は中村壱太郎。前半は囚(とら)われの身の憂いに沈んだ姿を印象付け、大膳が父の敵と知ってからは気強さを前面に出している。慶寿院に坂田藤十郎が扮(ふん)し、成駒家三代が共演。

「仮名手本忠臣蔵」七段目。片岡仁左衛門の由良之助は遊興に耽(ふけ)って韜晦(とうかい)しながら、時々に本心を窺(うかが)わせる難役を緩急自在に演じて絶品。中村芝翫の平右衛門は身分の低さを乗り越えて何とか連判に加わろうと奮闘する姿を熱量たっぷりに演じている。こちらもお軽に片岡孝太郎、力弥に片岡千之助が出ていて松嶋屋三代が共演。

夜の部は若手の活躍もあって華やかな舞台が繰り広げられる。「堀川波の鼓」は人間の内面を深く掘り下げて現代劇のような趣だ。中村時蔵のお種が孤閨(こけい)を守る女性の危うい心情を見せる。

「釣女」は楽しい舞踊劇。中村隼人の大名と莟玉の上臈(じょうろう)が初々しく、片岡愛之助の太郎冠者と鴈治郎の醜女がおおらかな笑いを誘う。

「魚屋宗五郎」は芝翫の宗五郎がだんだんに酔いを深めていく変化を巧みに描写する。中村雀右衛門のおはまがしっかり者のよい女房ぶり。最後は隼人、中村橋之助、千之助、莟玉で「越後獅子」。一本歯の下駄(げた)やさらしを使って賑(にぎ)やかに送り出す。26日まで。

(大阪樟蔭女子大教授 森西真弓)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]