/

日医工、骨粗しょう症治療薬の後発薬など発売

日医工は12日、骨粗しょう症治療剤の後発薬「リセドロン酸Na錠」を2020年3月に発売すると発表した。同薬を供給するのは当面、同社の他に1社のみとなる見込みで、骨粗しょう症分野でのシェア拡大を目指す。日医工の担当者はリセドロン酸Na錠について「供給メーカーが限られるので多くの販売が期待できる」と説明する。

先行して今月13日には皮膚保湿剤「ヘパリン類似物質外用泡状スプレー」も発売する。ヘパリン類似物質を使った保湿剤はこれまでクリームタイプと液状スプレータイプを販売してきたが、泡状にすることでさらに塗りやすくしたという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン