1/27 16:00更新 マーケット 記事ランキング

日経商品指数17種

(1970年平均=100)
1月27日 146.306 -0.943

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「岡崎良介の点と線」[映像あり]

1月27日(月)14:19

新型肺炎拡大で日経平均急落 GDP押し下げ試算も[映像あり]

官房長官 新型肺炎で国内観光業への対策検討

1月27日(月)13:00

[PR]

商品ニュース

コンテナ輸送13%減、11月の中国発米国向け
貿易摩擦の影響続く

2019/12/12 16:45
保存
共有
印刷
その他

米調査機関デカルト・データマインが12日発表した11月の中国発米国向け海上コンテナ輸送量は76万2405個(20フィートコンテナ換算)と前年同月に比べ13.3%減った。減少幅は10月(18.1%)より縮小したものの、10カ月連続で前年実績を下回った。米中貿易摩擦が長引くなか輸送需要の鈍い状態が続いている。

中国発米国向けは輸送需要が鈍っている

品目別では、「中国・香港発」の貨物で2割のシェアを占める「家具類」が25.8%減った。「機械類」も18.5%少なかった。

米中貿易摩擦と中国での人件費の上昇で東南アジア発の輸送量が増える傾向が続いている。ベトナム発は10万2436個と51.9%増。シンガポール発も6万5247個と19.2%増えた。

米国は15日に対中制裁関税「第4弾」を全面発動する可能性がある。アジア系海運大手は「年末商戦向けの輸送は既に一服している」と話す。海上輸送における短期的な影響は限られそうだ。

中国は2020年1月下旬に春節(旧正月)を迎える。アジア系海運大手は「春節前には駆け込み輸送が出てくるのではないか」とみる。

アジア発米国向けの11月の輸送量は131万7451個と前年同月比7.5%減少した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム