/

この記事は会員限定です

ビジネスの効率化重視、連結納税、手続き簡素化

[有料会員限定]

2020年度の税制改正大綱では、ビジネスの効率化に役立つ改正内容が目立った。大企業などが導入している連結納税は制度創設以来の大がかりな改正により、手続きを簡素化する。経済のデジタル化にも対応し、キャッシュレス決済のデータをそのまま領収書として扱える仕組みを導入する。企業の事務部門の負担を軽減する狙いだ。

連結納税制度は02年度の税制改正で創設され、企業グループを一体とみなして法人税を計算し申告する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り887文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン