/

この記事は会員限定です

育て、AI即戦力人材 早大など産学連携講座

編集委員 久保田啓介

[有料会員限定]

人工知能(AI)の開発や応用を担う人材を育てようと、産学官が取り組みを強めている。大学での基礎教育の拡充と並ぶ柱が、IT(情報技術)の素養をもつ社会人の学び直しを進め、即戦力に育てることだ。早稲田大学などが起業もにらんだ実践的な講座を開設、産学連携の新たなモデルになる可能性がある。

早大が東京・日本橋のオフィス街に設けた社会人向け教育拠点「WASEDA NEO(ワセダ・ネオ)」。ここで、AIを応用...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

日経産業新聞をPC・スマホで!初回1カ月無料体験実施中

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。初めての方は1カ月無料体験を実施中です。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン