/

この記事は会員限定です

がんをAIなどで超早期発見 新興12社の技術

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

がんは今や、日本人の2人に1人が経験する「身近」な病気だ。手術や抗がん剤など治療手段は進化し、早期発見すれば生存率を大きく高められる。スタートアップ企業は人工知能(AI)などを駆使し、胃腸や乳房など各部のがんを「超早期」の段階で見つける技術の開発に挑んでいる。12社の有望技術を「STARTUPビズマップ」として、人体図にまとめてみた。

がんをAIが「発見」

ここは都内にある病院の内視鏡室。横たわる患者の口に挿入した内視...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2493文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

 スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の春割実施中!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン