/

この記事は会員限定です

脱炭素社会へ民が先回り、COP25で日本企業がPR

[有料会員限定]

マドリードで開かれている第25回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP25)で、石炭火力発電の廃止などに踏み込まなかった日本政府への批判が出る中、企業は再生可能エネルギーの技術力を訴えている。欧州の主要国は石炭火力の全廃方針を強調する一方、トランプ米大統領は石炭産業の復活を公約にする。それでも米企業は再生エネの利用を急拡大しており、企業が先端技術を磨く日本でも民主導が進む可能性がある。

「次は水...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン