芸能界にも迫る公取委 「タレント干す」は独禁法違反
経済部 五艘志織

底流
コラム(経済・金融)
2019/12/13 4:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「人気タレントが、独立した途端にテレビやメディアから干されて消える」。長い間、ささやかれてきた芸能界の慣習に公正取引委員会が切り込んだ。フリーランスや副業など多様な働き方を支える手段として独占禁止法の積極運用を打ち出し、芸能界の暗黙の了解に改革を迫る。

「投資に見合った稼ぎがなかった場合に金銭補償で契約解消できる」。12月上旬、芸能事務所の業界団体、日本音楽事業者協会(音事協)は事務所が所属タレ…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]