野球グラブ、名工の絶妙「型付け」 鳥谷選手らプロ愛用

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「久保田スラッガー」というグラブのブランドを聞いて、ピンとくる読者は野球通だろう。石毛宏典、辻発彦、松井稼頭央、鳥谷敬、浅村栄斗――。プロ野球の新旧の名選手の間で使われ続ける。提供するのは久保田運動具店(大阪市)という野球用品メーカー。現場を訪ねると、選手のニーズに徹底的にこたえる職人の技を見た。

グラブを湯につけてもみ込み、柔らかく型を付ける「湯もみ型付け」という技法を貫く。革をぬらすことはタ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]