問われる帝国の残滓 沖縄の風葬骨、京大に返還請求

風紋
和歌山 章彦
コラム(社会・くらし)
編集委員
2019/12/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

沖縄本島北部の今帰仁村の森に、「百按司(むむじゃな)墓」と呼ばれる風葬の墳墓がある。

「百」は多数の意。「按司」とは城を築いた有力者だ。琉球を統一した尚氏一族らを祭った墓という。木棺などの調査から15世紀には存在していたらしい。

昭和初期に、当地から研究目的で持ち出された人骨を、京都大学総合博物館が今も保管している。プラスチックの箱に収めて。

先月29日。沖縄の人々が京大に26人の遺骨の返還を求…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]