/

基幹システムは全てクラウド、アクセンチュアが推進

アクセンチュアの山根圭輔マネジング・ディレクター
日経クロステック

アクセンチュアは2019年12月11日、企業の基幹業務システムをパブリッククラウド環境に構築・運用する「アクセンチュア クラウドネイティブ コアソリューション(通称:MAINRI)」を発表した。クラウド環境を活用し、デジタルトランスフォーメーション(デジタル変革、DX)の推進に必要な柔軟性と機動性を備えた基幹システムを実現できるという。

基幹業務システムのマイクロサービス設計やAPI(アプリケーション・プログラミング・インターフェース)による外部サービスとの連携機能、顧客行動データなどを即時に分析できるプラットフォームの構築・運用などから成る。アクセンチュアの山根圭輔テクノロジーコンサルティング本部インテリジェントソフトウェアエンジニアリングサービスグループ日本統括マネジング・ディレクターは「DX推進には周辺システムの変更だけでなく、基幹システムや業務プロセスまで変えることが重要だ」と同ソリューションの意義を説明する。

ふくおかフィナンシャルグループが設立するネット専業の新銀行「みんなの銀行」の勘定系システムに導入する予定だ。アクセンチュアは金融業界をはじめ、基幹業務システムのクラウド化が求められる「あらゆる業界に展開していく」(山根マネジング・ディレクター)。

(日経 xTECH/日経SYSTEMS 安藤正芳)

[日経 xTECH 2019/12/11掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン