FRB「利下げなし」 大統領選や貿易戦争で動けず

貿易摩擦
2019/12/12 11:30
保存
共有
印刷
その他

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は11日、4会合ぶりに金融緩和を見送り、2020年は「利上げも利下げもゼロ」との政策シナリオを提示した。FRBの目の前には貿易戦争や大統領選といった政治リスクが横たわり、経済も資産バブルと物価停滞という相反する不安がある。米金融政策は、複雑な方程式を前に身動きがとれなくなりつつあるのが実情だ。

「貿易問題が重くのしかかるが、米経済の先行きは良好だ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]